パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ディスプレイ モニタの画面サイズは大きい方が良い?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ディスプレイ モニタの画面サイズは大きい方が良い?
デスクトップパソコンの起動画面は、別売の周辺機器ディスプレイ(Display)
というモニタ画面の出力機器を接続する事で見ることができます。

ノートパソコンにはモニタが本体と一体化して搭載されているのですが
デスクトップ(据置型PC)の場合は本体とは別に、サイズや形状、メーカー製品
など自由に選んで購入して使うことができます。

ディスプレーの中で最も標準的で需要の高く、汎用されているサイズは
15インチ(解像度1024×768)の製品で、個人・企業問わずにこのサイズの
モニタを使われている型は大変多いかと思われます。

しかしながら1024×768ピクセルのサイズはモニタの中では小型な方で、
他にも以下のようにさらに大型のディスプレイは沢山あります。

・15インチ型:XGA 1024×768
・17インチ型:SXGA 1280×1024
・19インチ型:SXGA 1280×1024
・20インチ型:UXGA 1600×1200
・19インチ型ワイド:WXGA+ 1440×800
・24インチ型:WUXGA 1920×1200
・フルHD:1920×1080    等。

モニタはサイズが大きいほどインターネットやアプリケーションソフトの
起動画面の一度に表示できる範囲が広くなり、スクロールの手間が省けて、
またコンピューターグラフィックやホームページデザインのバランス調整も
整えやすくなり、作業効率が大変はかどるので、これから新しくディスプレイを
購入される場合にはぜひ解像度(サイズ)の大きい製品をお薦めします。

ただ、一般的には1024×768サイズのモニタが最も多く使われていますので、
ニーズに合わせてホームページのデザインやソフトウェアの起動画面を
調整するなど、PCツール等を作る際には1024×768画面に見やすいように
設定して製作する事も必要な要素です。

液晶ディスプレイが破損した時は、基本的には自分で交換するよりも、
やはり修理サポート店に出して直してもらう方が安全です。







液晶ディスプレイ・モニタ |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-102.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.