パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ノートパソコンを掃除する時の注意】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ノートパソコンを掃除する時の注意
ノートパソコンは普段使わない時には、蓋を閉じて収納します。

常にキーボードとモニタがむき出しの状態な事が多いデスクトップPCと違い、
内側は汚れにくい構造になっています。

しかしそれでも長期間使っていくうちに次第に埃や手の脂、
小さなごみ等が蓄積してだんだん汚れが溜まっていきます。

また、外部に持ち歩いて乗り物での移動中に使う機会が多いと
その分、表面に汚れが付きやすくなる面もあります。

なので、定期的にノートパソコンのケースの外側部分や
内側のモニタやキーボードの掃除を行っていきましょう。

まず最初、できればバッテリーを抜いてから掃除をする方が安全です。

パソコンケースの外側や淵の部分は
軽く雑巾やキッチンペーパーで拭くくらいでも大丈夫です。

(水分が中に入らないようによく水を絞るか乾拭きで掃除をして、
 念のため湿気には注意していきましょう。)

キーボードはまず上下逆にひっくり返して軽くごみを落として、
次に面貌などでキーの隙間の汚れを一つずつ丁寧に抜き取ります。


液晶画面の清掃


液晶ディスプレイは非常にデリケートで傷が付きやすいので、
普通のティッシュペーパーやタオルは使わず
モニタ専用のクリーニングセットを購入してお使いください。

クリーナー液やクリーニングペーパー、ハイテククロスを
使って拭けば液晶にダメージを与えず丁寧かつきれいに掃除できます。

また、ノートパソコンの購入直後に[液晶保護シート]を買って付けておくと、
後々掃除も楽になります。

ノートPC本体の通気口に埃が溜まっていたらそちらも面貌などで丁寧に除去しましょう。

ですがケース内部のCPUファンのプロペラに埃が溜まった時、
蓋を開けてから除去をしなければ掃除ができません。

しかしノートパソコンの長期修理保証の期間が残っている場合、
蓋を開けて中身をいじってしまうと保証の対象外になる可能性があるので、

気になる時には念のため事前にメーカー先のカスタマーサポートに
問い合わせて訊いてみましょう。


また、CPUファンのプロペラあたりならまだ簡単な方なのですが、
マザーボードの上やCPUファンの隅の部分、ソケットの中などの
隙間が狭くでデリケートな個所に埃が溜まっている事もあります。

ケースの中に入った汚れの掃除が難しそう、という際には
専門のパソコン修理サポート店に出して、
代わりに本体内部の掃除の代行を注文してみて下さい。







本体ケース・カバー掃除 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-14.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.