パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【デスクトップ画面のアイコンが多いと動作処理が遅くなる?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
デスクトップ画面のアイコンが多いと動作処理が遅くなる?
PCを起動してOS画面が開いた後、最後に表示されるスクリーン:

マイコンピュータやインターネット・アプリケーションのダブルクリックアイコン、
またスタートボタン・タスクバー・タスクトレイ・クイック起動ボタン等が
表示された画面を【デスクトップ】と呼びます。

この最初の表示画面はいわゆる作業のトップページとも言えるもので、
ソフトウェアツールをインストール・セットアップして追加していくたびに
左並びで新しいショートカットアイコンも増えていきます。

しかしデスクトップアイコンが数十~100個以上と、画面の半分から大半を
覆い尽くすほど増えている場合はその分プログラムを読み込む量も増えて、
OS(読み:おぺれーてぃんぐしすてむ)画面を開いてから動作ができるまでの
タイムラグや、プログラム展開時のスピードが重くなる場合があります。

(液晶モニタのサイズはあまり関係はなく、アイコンが多いと重くなります。)

またクイック起動ボタンやタスクトレイ(インジケータ)に表示される
ボタンの数も次第に増えていきます。

PCの動作が遅い、と感じられた時はこれらの必要ないアイコンを
手動またはクリーニング作業で削除してカスタマイズしていくと
処理速度が軽くなっていきます。

また、最新のパソコンパーツのスペックや容量が良ければ、
よほどアイコンが多すぎない限りは 特に状態に変化は感じず、
スムーズに作業を行う事も可能です。







デスクトップ画面 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-257.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.