パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【iMacのディスプレイ画面に不具合が出た時は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
iMacのディスプレイ画面に不具合が出た時は?
【iMac】(アイマック)は、Apple Inc.(アップル社)より
発売されているディスプレイ一体型のMacintoshのデスクトップパソコンです。

iMacの歴史は十数年あり、近年では新型の発売に伴って
モニタ画面の拡大化や薄型化がどんどん進んでいます。

しかし古いiMacであるほどたまに老朽化や傷などの影響で
このディスプレイ(モニタ)の映像が乱れる不具合が
発生してしまう、といった故障トラブルも出てきます。

主な画面トラブル例


・正常な時より乱雑な状態で画像が映し出されている。
・液晶ディスプレイ画面に何本かの縦線が出てしまっている。
・ドット抜けが出始めた。
・ひっかき傷をつけてしまった。
・画面に何も映らなくなって反応しない。

まず、液晶ディスプレイは他のデスクトップPCと違い、
ノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末と同じく
モニタがコンピューターの本体と一体化しています。

そのためモニタ画面だけが壊れた場合、
取り外しや交換がすぐに利かない、という短所もあります。


最初iMacの画面がちゃんと映らなくなってきた時は、
一度Mac OS Xを再起動してみて下さい。

再起動後も同じくモニターの不具合が続く時は、
ディスプレイの設定を確認して、
どこか間違えて映り方を変更していないかチェックして下さい。

しかし画面が全く映らないようなひどい障害が出ていると、
コンピューターの状態と原因を確認しようにも、
モニタが映らないのでiMacパソコンのどこのパーツに
問題があるか見つけにくい、というケースも少なくありません。

(普通のデスクトップパソコンで使っているモニタや
 液晶ペンタブレットなどをお持ちなら、
 臨時にそちらを接続して画面を開いてみる方法もあります。)


ひっかき傷や縦線、ドット抜け、乱雑な映りなどの軽い症状なら、
まだ液晶画面が故障している、とわかりやすく判断できます。

しかし自分で液晶パネル等を交換するのは一般的ではないため、
普通のユーザーは基本的に[アップルサポート]の
修理サービスにiMac本体を出して直してもらう事になります。

(自分で無理に分解しても代わりのパーツが無かったり、
ごみや埃の異物が入ってかえって別の故障を誘発してしまう
おそれもあるのでPCに詳しくない方にはおすすめできません。)


その際、画面の不具合に何か思い当たる原因があって
不具合の状態も正確に把握できる際は、
できるだけ詳しくモニタの破損の状況をサポートに伝えて下さい。

一度は修理に出して直った直後に再び縦線や乱雑な粗が
映るようになった、といったトラブルの再発が起こらないように、
周囲の環境や使い方にも問題がないか見直してみて下さい。


iMac本体の修理にはお預かり期間がある程度かかってしまい、
その間、別の予備のPC本体がなければ
長期間、パソコンが使えなくなってしまう事もあります。

そのため出来るだけすぐにiMacの画面を直してもらいたい、
という場合でしたら、Mac製品対応のパソコンサポート店
iMacの画面のパーツの在庫がある事業所の方に、
即日診断のサービスを注文されてみる、という方法もおすすめします。







Macintosh |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-319.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.