パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【PC本体からピーッと変な音が出た時の対処方法】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
PC本体からピーッと変な音が出た時の対処方法
パソコンの電源ボタンを押してOSを起動している最中に、
ピ――――、ピポッピポッといった変な音が出て何らかの支障が出た場合について。

これらの異音は、HDDのヘッドクラッシュや焼き焦げによる音ではなく
システム的に鳴っている故障の警告音であり、
Beep音(Beep Code):ビープ音(ビープ・コード)と呼びます。

まず、電源起動の間に何も鳴らずにすぐにOSが開ける時や、
「ピッ」と短い音が一回鳴っただけの時は基本的に正常な状態です。
AMI BIOSでは、DRAMメモリのリフレッシュ不良の警音告です)

しかし、Award BIOSで、ピ――――ッと長い音が鳴った時や
何度も連続で数回、ピポッピポッピポッと鳴っている時は故障の警告音なので、
内部パーツの交換やメンテナンスが必要になる事もあります。

特にOS画面の起動ができない時は要注意!

ビープ音の鳴り方はマザーボードやBIOSの種類によって違うのですが、
音の出る回数が多いほど深刻な破損を引き起こしています。

例えばAMI BIOSの場合でしたら、
・1回 音が鳴るとメモリの異常、
・2回=パリティの不良
・3回=メインメモリの読み書き不良
・4回=システムタイマーの異常
・5回=CPUの調子が悪い
・6回=キーボードコントローラの不良
・7回=仮想モードの例外エラー発生
・8回=ビデオメモリの不良
・9回=BIOS-ROMチェックサムの不良
・10回=CMOSシャットダウンレジスタの故障
・11回=キャッシュメモリの不良

といった、回数に応じた破損の判別ができます。

しかし多くのユーザーの方はパソコンの分解によるパーツ交換や
システム修復に関しては詳しくない事ですし、下手にばらしてしまい
接続ミスをしてしまいかえって故障を複雑かつ悪化させてしまうおそれもあります。

OSの再インストールと違い、物理的な修理を行う必要がある場合も多いため、
ビープ音が鳴った時はなるべく、、自作PCに詳しい信頼のできる知人か、
専門のパソコン修理サポートサービスに修復を行ってもらうのが最善です。







PCの故障・エラー診断 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-326.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.