パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ローカルディスク プロパティ画面によるHDD回復方法とは?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ローカルディスク プロパティ画面によるHDD回復方法とは?
パソコン内部の全データファイルとアプリケーションソフトウェアを
保管・管理する装置:ハードディスクドライブ【HDD】は
莫大なデーターを取り扱い、上書きや書き換えが激しい分
負荷がかかりやすく、物理的・システム的に壊れやすいという難点もあります。

また、セクタが断片化を起こしたり空き容量が無くなっていくと
処理速度が遅くなって動作が重く感じてくる場合も多いです。

こういったHDDの障害を解消したり未然にトラブルを防ぐために、
プロパティ画面から状態をチェックして修復を行うツールが活用できます。

各ツール起動の手順


まずはデスクトップ画面左下のスタートボタンからマイコンピュータを開き、
ハードディスク ドライブ の項目にある【ローカルディスク(C:)】の
アイコンを右クリックして、プロパティ(R)を選択します。

(パーティションを分割している場合はD,E,F等もあります)

使用領域と空き領域の割合を表示されるグラフで確認して、
ドライブCの空き領域が少なくなっていたら
いらなくなったアプリケーションソフトウェアをアンインストールしたり、
不要なファイルやフォルダを削除してハードディスクを軽くしましょう。

次に【ツール】タブを押して、まずは【エラーチェック】を行います。
【チェックする】のボタンで『ディスクのチェックローカルディスク』を開き、
「ファイル システム エラーを自動的に回復する」にチェックを入れて
開始ボタンを押します。

一度パソコンを再起動する事で自動的に回復作業が行われます。

不良セクタのエラー検出


次は「不良セクタをスキャンし、回復する」の方にチェックを入れて、
開始ボタンを押します。

こちらの作業は3~4時間ほどかかる事がありますので、
パソコンを使わない合間の時間帯に行うと良いでしょう。

最後に、【ツール】タブの下側にある『最適化する』のボタンを選び、
「ディスク デフラグ ツール」の分析ボタンを押して、
分析結果に従い最適化を実行する事でファイルの断片化を解消できます。

それぞれのツールはハードディスクドライブの負担を避けるために、
2~3ヶ月に一度くらいの割合で行うのが最適です。

バックアップを取る前にもしHDDが壊れてしまったら、新品に交換しても
それまで使っていたファイルやアプリケーションソフトは開けないため、
その際には専門のデータ復旧サービス店にて
ハードディスクの書き込みデータを復元・抽出してもらいましょう。







ハードディスクドライブ |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-348.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.