パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【周辺機器のインストールができない時は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
周辺機器のインストールができない時は?
Windows XP/Vista/7 のパソコンは、OSの起動中にUSBポートの差込口に
周辺機器のUSBケーブルを差し込むだけで、新しいハードウェアとして
自動的に検出し、デバイスに認識・接続させる事が出来ます。

しかし周辺機器の中にはセットアップ用のCDソフトから先に
専用プログラムをインストールして決められたて順に従って接続を
しなければ正常に使用できない機材もあります。

また、たまに検出されないエラーが起きる場合もありますので、
手動でデバイスの認識を行う以下の方法も知っておくと便利です。

1:まずはスタートメニューからコントロールパネルを開き、
カテゴリの表示画面にある【プリンタとその他のハードウェア】を開きます。

2:左側の関連項目メニューにある『ハードウェアの追加』をクリックし、
【ハードウェアの追加ウィザード】で「次へ」を選びます。

3:周辺機器(ハードウェア)の検索が行われ、次に
『すでにハードウェアをコンピュータに接続していますか?』の
選択画面で「はい、~」を選び、「次へ」を押します。

(この段階で、USBポートへの接続と、専用CDプログラムの
 インストールを済ませている必要があります)

4:インストールされているハードウェアの項目欄にある一番下の、
【新しいハードウェア デバイスの追加】を選び、「次へ」を押します。

5:インストール方法の(推奨)を選び、「次へ」。

6:ハードウェアが検出された場合はそのままインストールを行います。

7:「コンピュータ上では新しいハードウェアは検出されませんでした。」
と表示された場合は「次へ」⇒

8:「共通ハードウェアの種類」の一覧で、希望する項目の種類
(無い場合は「すべてのデバイスを表示」で探す)を選び、「次へ」。

9:次の画面で『ディスクの使用』をクリックし、
ここから各周辺機器のCDディスクのセットアップ手順に従って、
インストールを行います。

10:完了画面が出たら、最後に『完了』を押して、終了です。

ただ、OSのデバイスマネージャ一覧の表示がおかしかったりと
明らかにパソコンのシステムの方に異常が出ている場合は
クリーンインストールやパソコンサポートサービスでの状態診断
といった方法で修理を行う必要も出てきます。







インストールできない |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-351.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.