パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【リムーバブルディスクは自分でデータ復元できる?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
リムーバブルディスクは自分でデータ復元できる?
MOやUSBメモリをはじめとする、パソコン内蔵のハードディスク以外の
補助記憶装置:『リムーバブルディスク』に書き込みしていた
データファイルが消えてしまったら、こちらは自分での復元は可能?
という疑問について。

まず、回答から書きまして、パソコンのマイコンピュータ
(デバイスマネージャ)に正常に読み込みできて、補助記憶メディアの
フォルダを開ける機器、ないし開ける上体であれば可能です。

主なリムーバブルメディア
  • 外付けハードディスク
  • REV
  • CD-ROM/RW/RAM
  • MO
  • SSD
  • DVD-ROM/RW/RAM
  • BD-R/RE
  • PD
  • Jaz
  • USBフラッシュメモリ
  • SDカード
  • microSDカード
  • メモリースティック
  • マイクロドライブ
  • xDピクチャーカード
  • フロッピーディスク
  • コンパクトフラッシュ

フォルダを開いたら空になっていたり、誤ったフォーマットで
初期化してしまった0バイト状態の時でも、すぐに専用ソフトウェアでの
修復作業を行う事で自力での復元を試みる事ができます。

データ復元ソフトは『ファイナルデータ2009』や『完全復元PRO』をはじめ、
パソコン販売店や大手電気店、通販ダウンロードサイトで販売されています。

ただ、これらのソフトで出来るのは正常にUSB機器のフォルダの読み込みが
できる状態で、かつデータが飛んでから早い段階のみになります。

PC本体には直接入っていない、USBコネクタからつなげた2次記憶装置
(auxiliary memory/storage・バッキングメモリー、セカンダリーストレージ)
ですので、デバイスドライバから認識可能な状態が前提条件となります。

ディスクや差込口に深い傷が付いていたりカードが割れる、欠けるなどして
物理的に破損してデバイス認識ができない状態では、
ソフトを使ってのスキャンが出来なくなってしまいます。

また、データを失ってから時間が経ちすぎていると
残っていたファイル痕跡情報が完全消去されてしまい難しくなります。
(その記憶装置を全く使っていなければ大丈夫です。)

この場合逆にソフトウェアでは不可能でかえって時間と手間を失いますので、
リムーバブルディスクを郵送または持込で直接、
専門のデータ復旧サービスに注文をされてみる事をお薦めします。







外部接続周辺機器 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-354.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.