パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【Windowsのプログラムソフト強制終了の仕方】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
Windowsのプログラムソフト強制終了の仕方
フリーズでWindows(ウィンドウズ)がキーボードやマウス、タッチパッドから
操作ができなくなり、ユーザーからの指示が一切受け付けられなくなった時、
パソコンを強制終了して一旦止める、という方法があります。

PC本体のリセットボタンを押してWindowsを再起動させるか、
電源スイッチボタンを5秒以上押してシャットダウンをして
パソコンを停止させる事で、基本的にはフリーズ状態も止まります。

(電源を切った場合は高電圧による負担を防ぐため、すぐにスイッチを入れずに
 30秒~1分ほど待ってから起動を行いましょう。)

しかしフリーズによるエラーが出た場合でも、Windows自体はまだ操作が出来て、
ソフトウェアのアプリケーションエラーのみが発生している時は、
まだPCごと強制終了せずとも状態を元に戻せる見込みがあります。

アプリケーションを閉じる手順


まずはソフトウェア画面の右上にある赤い×マークを押すか、画面下の
メニューバーを右クリックして『閉じる』を押しましょう。

この操作ですぐに閉じれば良いのですが、ソフトウェアの画面部分が
真っ白になって、「プログラムを終了しますか?」といったバルーンが出た場合は
メッセージの案内に従って「終了する」を押します。これで、暫く待ってみると
フリーズ状態になっていたソフトのプログラムが終了する場合も多いです。

マウスやタッチパッド、ペンタブレットが効かずカーソルが全く動かせない時は
キーボードのCtrlキーと+Altキー、Deleteキーを同時に押して、
タスクマネージャの画面を開きます。

そして十字方向キーでアプリケーションのタブに移動し、現在使用中の
ソフトウェアが表示されましたら、Eキーで『タスクの終了』をします。
これで暫く待機するとソフトが閉じてハングアップ状態も大体は解消されます。

これでも直らない場合は、Windows VistaとWindows7の場合は
CtrlキーとAltキーを押したままDeleteキーを押して、再起動を試みましょう。
Windows XPの場合はタスクマネージャーからシャットダウン(U)を押して、
コンピュータの電源を切る(U)または再起動(R)を押してPCを閉じます。

ですがキーボードが完全に効かない場合は、上記の通り電源ボタンを押して
パソコンをシャットダウンしましょう。

操作中に何度も深刻なフリーズが頻繁に起きて困ってしまう時は、
パソコンのパーツのスペックや容量を見直してみたり、PCの修理サポート店
システムやハードウェアに異常が無いか診断をしてもらわれる事をお薦めします。







強制終了・シャットダウン |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-452.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.