パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【Windows7のレジストリを修復する時は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
Windows7のレジストリを修復する時は?
[レジストリ](Registry) とは、Microsoftから開発・販売されている
オペレーティングシステムのWindowsシリーズに設定されている、
システムの内容を書き込みするための特殊な領域です。

例えばパソコンに新しくアプリケーションをインストールした時や
OSのシステム設定を変更した時などに、その時の状態が
このレジストリというデータベースに書き込まれて保存されます。

しかしWindows OSの状態をこまめに書き換えを繰り返して保存しているレジストリは、
パソコンを使っていくほど次第に複雑に作り変えられて容量が肥大化していきます。

そうなるとアプリケーションのエラーや低速化の原因になるため、
時々、整理して最適化をしていくと快適に使い直していく事も一つの方法です。

ウィンドウズ7に対応されているか確認


レジストリエラーの修復や変更、削除、といった作業は、
一般個人で手動で書き換えて行うのは非常に難しく、
プロの人でもそうそう手を加えない精密な領域でもあります。

そのため一般的には[レジストリエディター]や[レジストリクリーナー]という
専門のアプリケーションをインストールして修正していく事になります。

しかしWindows 7の場合、まだ新しいオペレーティングシステムなので、
レジストリ関連の古いアプリケーションが動作に対応できない可能性もあります。

なので購入・ダウンロード前には必ず動作環境のスペックや
Windows7対応であるかどうかを確認してから入手しましょう。

また、レジストリは一度何かのエラーやトラブルで壊れてしまうと
また同じように戻すのが非常に難しくなる危険なデメリットもあります。

例えば修復作業中に急に停電や落雷、地震、故障でパソコンが閉じたり、
電力供給が止まってしまうと、中途半端な状態で作業が中断されて
レジストリがかえって破損してしまう、といった状況も考えられます。

なので、エラーチェックや修復の作業を行う前には必ず
アプリケーアションの中の機能を使って
レジストリのバックアップを取っておきましょう。

また「これを削除するとパソコンに深刻な影響を及ぼすかもしれない」と
メッセージが表示される箇所は無理に削除せずに、
指定されている安全な部分のみを修復するように注意して下さい。

もしレジストリの修復やデフラグでも直らない場合は、
パソコンの修理サービス店で様子を診てもらってみて下さい。







ウィンドウズ 7/8/10 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-469.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.