パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【郵送でパソコン修理センターに送ってもらう際の手続き】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
郵送でパソコン修理センターに送ってもらう際の手続き
デスクトップパソコンの本体やノートブックPC、インクジェットプリンターなど、
ある程度大きなサイズの電子機器が壊れて、メーカーのカスタマーサポートや
私設の専門修理業者に郵送で送ってもらう際の手順と手続きについて。

まず、必ず電話またはメールやファックスでパソコンや電子機器、家電製品の
現在の状態や、いつの時間にどこがどのように壊れているかを、
分かる範囲でなるべく正確にアドバイザーの方に伝えて手続きをします。
修理センターに出さなければ直らない場合、まず診断依頼の注文を申し込みます。

パソコン収納用ダンボールカバーケース

必要な物を揃える


現在使っている付属品のうちマウスやキーボード、スピーカー等は必要ないですが
製品本体をはじめ、いくつかの物を取り揃える必要があります。、

  • コンピューター・機材の本体
  • 電源コード・ACコード
  • セットアップ用ソフトウェアCD
  • プロダクトキーのシール
  • 保証書と納品書またはレシート
  • 受付番号と商品名、故障内容の詳細メモ

PCの場合、データ消失(初期化)の同意書をプリントして記入する必要もあります。

修理に出すのに必要な物が全て揃ったら次に、
ヤマト運輸や佐川急便など、指定の郵送受付サービスのお近くの店舗に
製品を買った時のダンボール等に収納して自動車車やバイク等で持ち運びます。
(または電話で、宅配便のトラックに自宅/自社まで来てもらいます。)

送付の受付


店舗の受付カウンター前で宅配便/宅急便の注文用紙に各事項を記載します。

パソコンなどの機器はもし段ボールのサイズが合っていなかったり、または
買った時の箱を捨ててしまっていたり、すでに破れて使えなくなった場合は、
宅配便の方で用意されている専用の段ボールを1200円くらいの料金で
購入しなければならない時もあります。

それに加えて、受付店またはご自宅と、サポートセンター間での距離と
配達してもらう製品のサイズ等によって郵送費が決まります。
大体1000円~1500円前後で、プラス専用の段ボール箱の値段、という具合です。
そして受付が終わって郵送にかかる料金を支払ったら手続き完了です。

サポートセンターまで届くには通常では1日~2日、それから修理が完了して
自宅に届くまで約2~3週間ほどの時間が必要になります。私設の専門店でしたら
即日・早急の故障診断と修理のサービスが実施されている業者もあります。

なお、修理費用には、キャンペーンサービス以外ではサポートセンターから
自宅/自社までの送り返しの郵送にかかる費用も含まれますのでご注意ください。







PCサポートサービス会社 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-484.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.