パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【パソコンの蓋を開けた後で異音が鳴り始めたら?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
パソコンの蓋を開けた後で異音が鳴り始めたら?
デスクトップパソコン本体のケース(カバー)の蓋は、固定されたピンを指で回したり、
螺子をドライバーで外したりして、簡単に取り外して開く事ができます。

PC内部

パソコンの蓋を開ける必要のある場合は主に、
内部の冷却ファンのプロペラや金網に付着した埃を除去して掃除をしたり、
内蔵のCPUやメモリ、電源ユニットといった部品を交換・増設する時などがあります。

掃除や修理交換の手順を間違えずに、丁寧かつ慎重に作業を行っていけば
普通は特に問題なく、また以前と同じかそれ以上の性能にして引き続きPCを使えます。

しかし、たまにパソコンの蓋を一回開けてまた閉じて再び電源を起動させた時に、
ビー…という具合に小さい変な音が本体から鳴り続けたまま起動する場合があります。

電源ボタンを押してからいつもと明らかに違う音が鳴り始めた場合、
軽く異音がするだけでBIOSやOSの動作そのものに異常がない時は
まず一旦、パソコンをシャットダウンして、全ての接続コードを外します。

パソコンの蓋がしっかり螺子で固定されているか確認して、
もし緩くなっていたら、PC内部を確認し直した後で螺子を強く回して止め直しましょう。

次に、デスクトップパソコンの置き場所は前と同じで平面の台などの上に
正しく水平に置かれているか確認します。

四隅の一箇所に傾いていたり、パソコンと台の間に何かが挟まっていたら
しっかりと水平の正しい配置に直しましょう。

次に、ケースの蓋をもう一度開き直して、内部にどこか問題がないかチェックします。

CPUクーラーや電源ユニットの羽根部分や周囲に埃などの異物がまだ付着していたり、
小さなごみが挟まっていたりしたら丁寧に取り除きます。

メモリやCPU、HDD、増設カードなど、交換した機材にも何か異物がくっついていたり
配線の位置が間違っていたりしないか慎重に見直して確認しましょう。

静音のCPUファンから普通のファンに取り替えたり、HDDやSSD、電源ユニットなどを
交換した場合は前より回転音が大きくなっているために異音に聞こえる事もあります。

また、スピーカーに何かのコードが引っかかって音が響いているケースも
考えられますので、一度スピーカー付近の配線を整頓して、電源も切ってみて
チェックしてみましょう。

一通り見直して問題がどこにも見当たらなくても、再び蓋を閉じて
電源を起動し直したらやっぱり異音が鳴り響いてしまう場合もあるのですが、
しばらくすると2~3日以内に自然に調子が整って音がしなくなる事もよくあります。

ハードディスクのあたりからカタカタ、コトコト、と変な音が鳴っている場合は
ヘッドクラッシュの故障を引き起こしている可能性があり、危険なので
すぐに電源を閉じましょう。

何日経っても異音が鳴りっぱなしで元に戻らなかったり正常に起動できなくなった場合は、
パソコン修理のサービスに持っていくか出張サポートで来てもらって、
問題の原因を発見して直してもらう事をお薦めします。







コンピュータートラブル |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-545.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.