パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【パソコンケースが割れて壊れたら?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
パソコンケースが割れて壊れたら?
『パソコンケース』とはハードディスクドライブやマザーボード、電源ユニット、
内蔵DVDドライブ装置、グラフィックカード、USB3.0インターフェース、メモリ、CPU
といった部品をコンパクトに収納して外部からの衝撃や異物から保護するパーツです。

PCケース

電子部品と違いあくまで「カバーケース」の箱なので、電源ボタンの部分以外は
コンピューターを動かすための回路と直接繋がっているわけではなく、
ただPCの電源を入れて動かすだけなら
蓋を開けていたり一部のパーツを外部に出したまま繋げた状態でも起動できます。

例えばもしもデスクトップパソコン本体の配置をずらしたり、
故障の修理や引越し、譲渡などのために郵送に出したり、
ノートパソコンを仕事や旅行で外に持ち歩いている最中に、
うっかり硬い床に落としてしまったり角にぶつけて、ケースの一部が割れたとします。

螺子が外れたり、一部分にヒビが入ったり、ランプが割れてしまったりしたとしても、
内部のパーツまで破損してなくて各接続コードが外れたり切れたりしていなければ、
コンピューターそのものとしては問題なく動かせます。

異物の内部侵入の危険


ただし、正面の電源ボタンが押し込んだまま引き出せなくなったりした時だけは
起動できなくなる可能性もあります。

とりあえずパソコンが問題なく動いても、稀にケースが割れて
大きな穴が開いたり、深いヒビが入ったりすると、そこから埃やごみなどの異物が
今までよりも多く入ってきてマザーボードやCPUクーラーに溜まりやすくなります。

また、ケースの破片や外れた螺子がパソコン内部の部品の上にばらまかれると
動作に支障が出たり、冷却ファンのプロペラの回転を妨げて熱暴走の原因になったり、
最悪、回路がショートして深刻な破損が起こる危険もあります。

また、割れた隙間から水分や湿気が浸入する危険性にも要注意です。

何より、見た目は大したダメージが無くても、内部では一部の部品やコードが
止め具やコネクタから外れてしまっている恐れもあります。

そのため、パソコンケースの一部が損壊してしまうほどのダメージを受けた時は
電源が入って動くかどうか起動してみる前に、必ず中身の部品にどこか問題が無いか、
また破片などの異物が入っていないか蓋を開いて、よく確認を行いましょう。

もしもメモリやCPUクーラーなどのパーツがマザーボードから外れていたりしたら
必ずしっかりと付け直します。

パソコンの内部部品のどれかが壊れて動かなくなってしまったら、
新しい代わりの部品に自分で交換を行ってみるか、
専門のパソコン修理サービスに破損箇所のチェックと換装作業をしてもらいましょう。

本体の中身パーツがなんとも無く無事に済んだとしても、
パソコンケースが割れたままだとそのうち隙間からの異物の侵入などで
何らかの異常が起きてしまう危険もあるので、できれば本体を修理に出して、
ケースを交換してもらう事をお薦めします。







本体ケース・カバー掃除 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-547.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.