パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【購入直後のパソコンの動きが遅い場合は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
購入直後のパソコンの動きが遅い場合は?
新品のパソコン本体を新しく買って起動させてセットアップを進めていった後でたまに、
まだ新品でアプリケーションソフトをインストールしたりファイルを書き込んでいないのに
なぜか読み込み速度や入力指示の動きが遅い、という場合について。

まず、Windowsなどオペレーティングシステムをインストールして使えるように
初期設定を行っている間や、デスクトップ画面を最初に開いて間もない時は、
パソコンが準備段階でまだシステムのアップデートなどが完了していません。

そのため、購入して起動した直後の段階ではソフトウェアのインストールや
自動更新が数多く頻繁に行われていて一時的に動作が遅くなる事もあります。

しばらく待機しながら次の入力の指示などが出たらその都度操作をして、
パソコン上であらかたの設定や更新の作業が完了するまで待ってみて下さい。

インターネットに接続して無数のアップデートプログラムをダウンロードている最中や
コンピューターウィルスの対策ソフトをインストール・セットアップしている最中、
PCを再起動している最中などの時には、読み込みのスピードが少し遅くなりやすいです。

購入直後のパソコン設定やソフトウェアの更新があらかた完了してしばらく経っても
まだ遅い状態が続いている場合は、タスクマネージャーを開いてみましょう。

デスクトップ画面上でCtrlキー+Altキー+Escキーを押すと、
タスク マネージャーの画面が出てきます。

タスクマネージャー

もしCPU使用率やメモリの空き領域の数値にあまり余裕がなかった場合、
アンチウイルスソフトなどの一部のアプリケーションで、最新のプログラムを更新していて
その部分にかなり容量を使っている可能性もあります。

新しいパソコンのメモリやハードディスクの容量が少なかったり、
CPUやマザーボードの性能が低いと十分な速度が発揮できないケースが多いです。

また用途によってはグラフィックボードといった拡張カードが必要になります。

パソコン本体自体の性能が十分でない場合は、あまり容量を使わなくて済む
軽めのソフトウェアを購入して使用してみましょう。

またWindows7の「エアロ」というビジュアル面に優れたインターフェースを
無効にしていくと少し速度も上昇します。

Windowsクラシック

デスクトップ画面上で右クリック⇒個人設定の画面で
「Windowsベーシック」から「Windowsクラシック」に切り替えてみて下さい。

なるべくならせっかくのエアロをそのまま使っていくべきなのですが、
一時的にどうしても速度を速くしたい場合にはクラシック表示に変更してみましょう。

本体内部のメモリが1GBや2GB一枚のみしかない場合は、もう一枚のメモリを買って
PC内部の空きスペースの差込口に取り付けて容量を2倍にすると一気に速くなります。

ハードディスクの空き領域にも十分な余裕を持たせて使っていく必要があります。


どの部分を見ても原因がわからず速度が遅いままの場合、出荷前の初期不良や設定ミス、
メーカーのあまり必要ないソフトが大量に入っている事などの原因も考えられますので、
メーカーの(カスタマーサポート修理サービスに問い合わせをされてみてください。







動作環境のチェック |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-550.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.