パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【Windows8のシステム修復ディスクを作成するには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
Windows8のシステム修復ディスクを作成するには?
Microsoftの最新のオペレーティングシステム
「Windows 8」(ウィンドウズエイト)をパソコンに新しくインストールしたり
ウィンドウズ7など以前のバージョンからアップグレードして使っている際、

Win8はシステム的なトラブルはこれまでよりも起こりにくく改良されているものの、
それでもやはり、あるとき予期せぬエラーやシステムの破損が起こり
強制シャットダウンやフリーズなどの不具合が出て動かなくなる可能性もあります。

ウィンドウズ8ではこれまでのWindowsシリーズとは
操作方法の異なる箇所が数多くあります。

WindowsのOSでは、何かの操作ミスや破損、アプリケーションの失敗などの時に
不具合を起こして正常に開けなくなった時のために
あらかじめ[システム修復ディスク]を作成して備えておく方法があります。

このディスクをDVD-Rなどの記憶媒体に焼いて事前に作っておけば、
OSが壊れてしまった時に以前の正常な状態に直すことができます。

しかしWindows 7やVista、XPのOSとWindows8とでは
少しメニューの位置や手順が異なる部分があるので、簡単に解説いたします。

まず、これまでの作成の仕方と同様に[CD-R]の未使用ディスクを1枚購入して用意します。

内蔵/外付けのCD/DVDドライブ装置のトレイにCD-Rを挿入して読み込みします。

次にスタート画面かデスクトップ画面から、[コントロールパネル]を開きます。

「大きいアイコン」の表示方法に切り替えて「回復」をクリックします。

[高度な回復ツール]のメニューにある「回復ドライブの作成」を選択します。

「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」
バルーンメッセージで「はい」を押します。

「次へ」を押して、「USBフラッシュドライブの接続」のメニューの下にある
代わりにCDまたはDVDでシステム修復ディスクを作成します」の一文を押します。

回復ドライブ作成

CD-Rを入れたドライブ装置を選択して「ディスクの作成」ボタンを押します。

システム修復ディスク作成

自動的に作業が進行するので数分の間、待機します。

システム修復ディスクの書き込み作業が完了したら自動的にCD-Rに書き込まれた
Windows8のシステム修復のためのプログラムのフォルダが表示されます。

作成完了のウィンドウの「閉じる」と「OK」を押してドライブ装置のトレイからディスクを抜き取ります。

円盤表面のシールに名称を書いて、CDケースに入れて保管します。


後にWindows 8に何か深刻な問題が出てしまった時には
このシステム修復ディスクを再び取り出してドライブに挿入します。

そして手順に従ってOSの状態を元に戻してみてください。

ですが、システム修復ディスク自体が使用できなかったりデバイスに認識できないような
重度の故障が起きている場合は、OSそのもののリカバリーによる初期化を試してみましょう。

それでも回復できない場合は、パソコンの修理サービスセンターに出して、
ハードウェア上の問題が出ていないか診断してもらう事をお薦めします。







ウィンドウズ 7/8/10 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-567.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.