パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【大容量のフォルダを開いた時にメモリ不足でフリーズ発生】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
大容量のフォルダを開いた時にメモリ不足でフリーズ発生
久しぶりにだいぶ前に使っていたパソコン本体を起動して、
写真画像が沢山入っているSDHCメモリーカードのDCIMフォルダを開いたら、
フォルダが最後まで開ききれず一時的にOSがフリーズ(ハングアップ)してしまいました。

パソコンのデスクトップ画面自体のフリーズはしばらくして直ったのですが、
大容量フォルダのエクスプローラ画面は結局、開ききれませんでした。

そのPC本体に搭載されたメモリは256MB×2枚の合計512GBで、
やはりメインメモリが256MB、512MB、1GBくらいの容量だと、
どちらかといえば現在ではスペックが低めな部類に入ってしまいますね。

メインメモリ

もちろんCPUやマザーボードの性能、ハードディスクの容量やOSの安定性など、
他のパーツやシステム面での性能もバランス的に大切なのですが、
やはりメモリの容量は特にわかりやすい数値でスペックの差がはっきりと見やすい分、
出来ればなるべく最大容量を高くしたいところですね。


64bitの[Windows 7]のオペレーティングシステムで搭載できる
最大物理メモリの容量はエディションによって、16GBや192GB、
64bitの[Windows Vista]も8GB、16GB、128GBと、
かなりのサイズで十分に余裕が持てます。

しかし一世代前に最も普及していた32bitの[Windows XP]の場合は
Home Edition、Professionalともに「4GBが」最大サイズになります。

また、搭載されているマザーボードにも、取扱いが出来るメモリの容量に
限度が設定されています。

メモリの容量を増やす時には、オペレーティングシステムとマザーボードの
最大容量に合わせて交換や増設を行ってみてください。


近年ではデジタルカメラやビデオカメラ、ノートパソコンなどのカメラ機能で
大きなサイズの写真画像や録画映像のファイルを数百枚、数千前という具合に、
一般個人も大容量のファイルを取り扱うようになってきました。

なのでメモリが4GBくらいあるパソコンでも、かなり容量の多いフォルダを開くと、
一時的にフリーズして動作が止まってしまう事もよくあります。

そのため、Windows XP‪以前の全体的に今よりスペックが低めなPCでは特に、
大容量のフォルダを取り扱う際には一応の注意が必要ですね。

ですが、あまり大した容量でもないフォルダやアプリケーションを開くたびに
頻繁にフリーズしてしまうようになってきたら、
メモリ不足だけでなく、ハードディスクの断片化やレジストリの肥大化、
といった別の原因で不具合が起きている可能性もあります。

ある程度容量の高いメモリや性能の高いCPUを積んでいるパソコンで
読み込み速度が低下したりフリーズが頻繁に起きるようになってきたら、
一度OSやハードディスクの状態をチェックして、
リカバリーによる初期化や部品交換の作業を行われてみるのがおススメです。

コンピューター上のどこに原因があるか把握できない時は、
各地のパソコン修理サポートサービスに問い合わせて、
状態診断とカスタマイズや快適化の作業をしてもらうと、より確実で便利です。







フリーズの対処 | ハードウェア
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-576.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.