パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【SSDをノートパソコンに換装して起動】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
SSDをノートパソコンに換装して起動
SSDをハードディスクドライブのかわりに搭載しているパソコンが
ある時、何かのトラブルで故障してしまい、緊急なのでSSDのOSを
別のパソコン本体から起動するにはどうすればいい?という疑問について。

Intel SSD

まず、SSD(ソリッドステートドライブ)はHDDより丈夫で壊れにくい装置です。

SSDの中にインストールしたオペレーティングシステムが破損した時以外は、
マザーボードや電源ユニット、メモリなど別の部品が故障している事が多いです。

パソコンが急に動かなくなってしまったため、
一旦SSDを別のデスクトップパソコンに移し替えて起動したい、という際には、
2台のフタを開けてドライブベイからドライブベイに入れ替えるだけで簡単です。

(SATA方式とIDE方式の違いでケーブルを付け加える必要が出る時もあります。)


またパソコンのCドライブ用などに使用するメモリディスクであるSSDは
2.5インチサイズのハードディスクドライブと同じくらいの大きさです。

デスクトップ型PCとノートブック型PCを一台ずつお持ちの場合は、
そのままノートパソコンでHDDを収納するコネクタのスペースに
はめ込んで使う事が出来ます。

※Windows7やWindows8など新しいOSが入っているSSDの場合は、
 メモリやCPU、マザーボードなどパーツの動作環境が
 一定以上の基準を満たしている必要があります。


こちらの一例では、デスクトップパソコンに内蔵していたIntel製のSSDを
Acer製でSATA方式のHDDを搭載するノートパソコンに、
2.5インチサイズのハードディスクと交換して起動させる手順を解説いたします。

(※AppleのMacbook Airなど一部のモバイル・コンピューターは
普通の方法ではケースのフタを開けにくいため換装が難しいマシンもあります。)

最初にノートパソコンを裏面に向けて、
ドライバーで固定ネジを外してカバーを取り出します。

内蔵されている2.5インチ型ハードディスクを横にスライドするように指で押して、
コネクタのあるケース部分から取り外します。

次に、故障したパソコン本体のケースの止め具であるネジを外して、フタを開けます。

SSDのコネクタからSATAケーブルと電源ケーブルを取り外して、
3.5インチ変換マウンタごとSSDをドライブベイから引き出します。

SSDの接続ケーブル

3.5インチ変換マウンタに固定してあるネジをドライバーで外してSSDを取り外します。

マウンタからの取り外し

ノートパソコンのシリアルATAコネクタにSSDを差し込んでHDDとの交換を行い、
フタを閉めてネジで再び固定して、安全に取り付けします。

ノートパソコンのSSD

(※IDE方式のコネクタのノートパソコンの場合は
  IDE方式のSSDしか直接内蔵する事はできませんのでご注意下さい。)


ノートパソコンのモニターを開いて電源ボタンを押してOSを起動します。

基本ソフトがWindows 7やWindows 8などの場合、
起動中にチェックディスクの機能が動いてエラーの修復が自動的に実行されて、
「お待ちください」という表記が出てしばらく時間がかかる事があります。

「スタートアップ修復」や「システムの復元」などの機能はこの場合、
オペレーティングシステムが何度試しても起動できない時に使ってください。

OSが開けたら、まずモニター画面のサイズが変わる事が多いため、
デスクトップ画面のアイコンの表示が少し変更されていたりするのですが、
それ以外は特に変わらず、前のパソコン本体と同じように使用できます。

ローカルディスク

あとは、故障した方のパソコンを部品の換装作業などで直すまでの間は
あまりシステムの設定を変更しすぎたりしないように
少し抑えめにして使いつつ、ノートパソコンを大事に取り扱ってください。



※注意点として、ノートパソコン本体、またはSSDの製品ごとの形状によっては、
固定する角部分に引っかかってしまい、コネクタが入りきらない事があります。

中途半端に接続された状態ではSSDが認識できず、OSが開けません。

そこで少し強引な方法なのですが、一時的に起動するだけなら
マイナスドライバーを使ってプラスチックの引っ掛かりの部分の隙間を
少し持ち上げて、その間にSDDをコネクタに差し込むと、接続ができます。

設置の微調節

しかしこの方法だとSSDが正しく固定されず不安定になってしまうので、
持ち運びや長期間の稼働はせずに一時的に使う時のみで実践してください。

またPCのメーカー元サポートや私設のパソコン修理センターで注文すると、
SSDを正しく固定できるように、有償でカスタマイズを請け負ってもらえるか
問い合わせをされてみてください。







SSD・フラッシュメモリ | SSD
コメント
マザーが違えば・・・
マザーが違えば、SSD-HDD交換でそのまま使えるということはまずないと思います。ストレージ情報が変わるので、レジストリの変更が不可欠です。
セブンス

Re: セブンスさん
補足説明のコメントをありがとうございます。

筆者がデスクトップPCからノートPCへ付け替えて実践した際には大丈夫だったのですが、
マザーボードの違いなどによって起動できない可能性も確かに高いですよね。

後々もう少しいろいろ実証して、補足文を追記いたします。
管理者

コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-590.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.