パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ウェブサービスが突然使用できない問題が発生したら?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ウェブサービスが突然使用できない問題が発生したら?
インターネット上で会員登録(ユーザー登録)や有償サービスの契約をして
電子メールやクラウド、通信販売、動画視聴サービス、コンテンツの投稿、
ホームページのレンタルサーバー、ブログ、SNS、お役立ち機能、

といった様々なウェブサービスを日々使っていくと、

ある時、突然使用上のエラーが発生して正常に閲覧や処理ができなくなったり、
ログイン画面にアクセスできなくなる、というトラブルが稀に起こります。

そんな時の原因の把握のために、
よくある事例と対処方法について下記にて順に記載していきます。



新着メールが受信されない

インターネットのポータルサイトで提供されている
電子メールのサービスも、受信/送信できる量に限度が設定されて、
その容量いっぱいになると新しくメールが受信されない事があります。

そうなると重要なメールが届かなくなって、業務上や買い物などでの
大事な報告メールが受信ボックスに届かなくなってしまいます。

なので、容量の重いファイルの添付メールから順に削除して、
以前の古いファイルも消去してゴミ箱を空にして、
空き容量の分を回復させていきましょう。



ウェブ機能のアップデートをしたらシステムがおかしくなった

WordPressなどの場合、定期的に配信される[アップデート]を施すと
自分で書き換えたPHPファイルなどの一部のデータの内容が
自動的に最新版へのアップデートで一緒に書き換えられる事があります。

そうなるとまた一からそのPHPの組み立て直しや、
状態のチェックと目視によるページの点検が必要な場合があります。

最新バージョンへのアップデートが毎回行われる領域のフォルダは、
一部を親子ディレクトリに分割するなど特別な設定を施しておくと、
自身で設定したPHPファイルの状態もそのまま書き換わらず引き継がれます。

なので、一定期間おきにアップデートしたファイルには
必ず対策をしておいてください。



新しいファイルのアップロードができない

FTPソフトから新しくファイルが急にアップロードができなくなったら、
まずそのサービスの容量がいっぱいになっていないか確認します。

ディスク使用量は最大で1GB、5GB、10GB、50GB、100GB、という具合に
ほとんどのサービスでは容量の制限が設定されています。

この数値に達すると新しくファイルがFTPやアップローダーから
アップロードできなくなります。

そこでプランを変更して追加分の料金を支払って拡張子して使用するか、
使わないファイルを一括削除して容量を軽減して空き領域を増やします。

または、レンタルサーバーのデータベースやファイルマネージャーが
一時的にダウンしている事もあるので、その時は回復するまで待機します。

ディスク使用量



アカウントの使用が一時凍結されてしまった

SNSやブログなどでよくあるトラブルなのですが、

短期間に更新を繰り返しすぎたり、
一般的には非常に不適切な内容をうっかり書いてしまったり
規約違反になるコンテンツをアップロードして公開したりすると、

一時的に登録したユーザーのアカウントが凍結されて
アクセスや管理画面へのサインインができなくなる事もあります。

しばらく待って自動的にフリーズが解除されるのを待つか、
運営元のサービスのメールフォームなどのページに入って
問い合わせをしてアカウント凍結の申請を行ってみてください。



不正なアクセスの遮断の反動で自分でも開けなくなった

「WordPress」(ワードプレス)や「MovableType」(ムーバブルタイプ)、
「XOOPS」(ズープス)、その他SNSやブログサービスなど、
インターネット上でログイン(サインイン)して入る形式のページは、
それぞれ不正アクセス防止のためのセキュリティ機能が備わっています。

しかしここで、ある日に外部の悪意ある第三者から
不正なアクセスによる侵入の試みが連続で行われると、
サーバー側のセキュリティ機能が自動的に働いて遮断される事があります。

しかし自分自身のIPアドレスまでアクセスが遮断される場合があるので、
これを解除するにはその方法が書かれた通知と解除方法の
緊急警告メールを確認します。

そして変更された「.htaccess」や「.htpasswd」などのファイルや
ユーザー専用ページのシステム設定、パスワードなどを
一通り書き換えて元に戻します。

(通知のメールが迷惑メールボックスの方に振り分けされる場合があるので、
 うっかり見逃さなように注意してください。)

また、WAF設定(ウェブアプリケーションのファイアウォール設定)などを
レンタルサーバーから開いて、セキュリティ機能をさらに強化してください。



契約の継続更新を忘れていた

ウェブ上の各コンテンツサービスの中でも有料のサービスは、
定期的に契約期間の延長更新の申請と料金の支払いが必要です。

ですが契約更新の期間延長(継続)の手続きをうっかり忘れてしまうと、
ページがいつの間にか無くなり管理画面にも開けなくなる危険があります。

そこで、1年ごとの自動契約更新の設定を有効にしていれば、
うっかり手続きの確認を忘れてしまっても
料金の引き落としなどで自動的に更新手続きが行われるので便利です。



サービスの移行と転送手続きを忘れていた

しばらく長い事そのネットワーク上のサービスを使っていないと、
システム自体や料金体系はそうそう変化しないのですが、
稀にサービスが終了して閉鎖している、という事もあります。

特にメールサービスやブログにはよくあるトラブルなのですが、
ひとまず登録したメールのアドレスの受信箱か迷惑メールボックスに
その通知のメールが届いていてうっかり見逃してないか、確認します。

インターネット上のサービスが終了すると大抵は
もうログインや引き継ぎ、バックアップ転送などのサポートも
閉鎖されてしまいます。

なので、サービスの終了日までに、
受信メールの転送やサイトの引っ越しなど別サービスへの移行の作業は
すべて済ませておけるよう、日々気を付けてください。

メールの転送



パソコンに専用のアプリケーションがインストールされていない

ネット上のサービスは主にウェブブラウザで閲覧するのですが、
またに特定のブラウザでなければ閲覧できないものもあります。

Internet Explorer (インターネットエクスプローラー)ではなく
Google Chrome(グーグルクローム)、FireFox(ファイアフォックス)、
Safari(サファリ)、Android-browser(アンドロイドブラウザー)
といったブラウザやモバイル端末でのみ閲覧できるサービスもあります。

また、JAVA関連など さらに専用のアプリケーションを
インストールしなければ使用できないシステムが導入されている
ウェブページやサービスなどもあります。

その際にパソコンの方での設定の仕方がどうしてもわからない時には、
サービスの提供元の会社のお問い合せサポートに尋ねてみるか、
パソコンの修理・サポート店に注文をして設定をしてもらいましょう。







ネットワーク | インターネットサービス
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-610.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.