パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【Excel エクセルのワークシートを復元させるには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
Excel エクセルのワークシートを復元させるには?
電子計算ソフトウェアとして世界中で愛用されている、マイクロソフト社の
Microsoft Office Excel(マイクロソフト・オフィス・エクセル)は現在
2003と2007のバージョンが特に普及していまして、両方とも基本的には
大体同じ操作で扱う事ができます。

エクセル2007は主にビジュアル面でわかりやすくなっているところが
2003との違いのポイントですね。
拡張子ファイルは他のプログラムのファイル形式と同じくマイコンピュータの
フォルダに保存ができまして、2003は名称が「.xls」、2007は「.xlsx」となります。

プロパティ画面では『Microsoft Excel ワークシート』、
『Microsoft Excel CSV ファイル』という名前で表示されます。

エクセルは数万~数十万もの行数で膨大な量のデーー他を一挙に計算できる
大変優れた性能を持つため現在もほとんどの様々な業種で活用されています。

その分、誤ってワークシートに入力していたテキストや数式を削除してしまったり
ファイルそのものを上書き・消去してしまい膨大な管理データを失ってしまう
トラブルも多いのですが、いくつかの復元方法もありますのでご安心下さい。

まず基本操作として、シート内の文章や計算式などをとっさに消してしまった時は
『編集→元に戻す(アンドゥ)』の機能を押して、ある程度の回数までなら
仮保存データをさかのぼって元に戻す事ができます。

一度そのシートを×アイコンなどで閉じてしまうと『元に戻す』では
復元できませんのでくれぐれもご注意下さい。

次に、同じくメニューバーの『ヘルプ→Microsoft Excel ヘルプ(F1)』をクリックすると
オプションの検索窓が表示されます。
ここに「回復」または「修復」と入力して検索すると、

「トラブルシューティング ファイルの回復」
「応答しないアプリケーションを回復する」
「ドキュメントの回復について」
など、いくつかのテキスト項目が表示されます。

これらを選択する事でそれぞれのトラブル状況に応じた
ヘルプメニューにて復元の手順が表示されますので、説明に従って
操作を進めていってみて下さい。100%というわけではないですが、
高い確率で消えたデーターを復活させる事が可能です。

拡張子ファイル自体を間違ってマイコンピュータ画面から消去してしまった場合は
システムの復元、またはデータ復元ソフトを用いて復旧を試みる方法があります。
ただ、一部のデータが壊れて100%回復できない事もありますので、
一番確実に元に戻したい、という際には専門業者の
データ復旧サービスやPCサポート会社にご注文をされてみる事が望ましいです。







ソフトウェアの問題 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-83.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.