パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【ハードウェアの安全な取り外しでエラーが発生した時は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
ハードウェアの安全な取り外しでエラーが発生した時は?
パソコンではプリンターや外付けHDDケース、USBフラッシュメモリ、スキャナ、オーディオデバイス、
カードリーダー/ライター、USBハブ、コントローラー、デジタルカメラ、など、
USBケーブルをポート(差込口)に接続してデバイスに認識される事で周辺機器の使用ができます。

これらの外部接続型のUSB機器は使い終わった後で繋げたままにしておくと
メモリの容量を取られてPCの処理速度に支障が出てしまい、また次回の起動時に
繋げたままにしておくと起動画面でエラーが発生してしまうハードウェア機材もあるため、
基本的に使い終わった後はUSBポートから取り外すのが望ましいです。

エラーの可能性を防ぐため安全に取り外すにはまず、モニタ画面右下の
通知領域部分に表示されている、『ハードウェアの安全な取り外し』
USB大容量記憶装置デバイス-ドライブを安全に取り外します)
と表示されるアイコンをダブルクリックします。

次に表示されるバルーンに書かれた指示に沿って取り外し作業を行うのが確実です。

USBポートからケーブルコードを抜く前に、外付け機器のプログラムやデータが
稼動したままになっていないかをお確かめ下さい。

ファイルの上書き中などデバイスに読み込まれて動作している最中に
取り外してしまうと、上書きエラーが起こってしまうばかりかファイルやディレクトリの
損壊のトラブルを招いてしまう可能性もありますので、必ず全ての作業を終えて
アプリケーションプログラムを終了させてから取り外しを行うようにしましょう。

データファイルの読み書き中やアプリケーションの展開中に取り外しを行おうとすると、
『デバイス'汎用ボリューム'を今停止できません。』というメッセージが表示される事もあります。

なので、ここで無理にコードを抜かれないようにくれぐれもご注意ください。

MOドライブなど、長時間の連続稼動や老朽化による障害で一時的に
ハードウェアのボタンやパネルの操作が効かなくなるトラブルもあります。

この場合USB機器の電源を抜いてみる事で大抵は元に戻るのですが、
少々記録データに危険性が伴うためどうしても直らない、という時以外はお薦めできません。

エラーが元に戻った後は念のためしばらく電源を抜いて機材を冷まさせると
次回からアクシデント再発の防止に繋がります。







ハードウェアの不調 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※:「*」の付いた欄は必須の記入項目です。(URLとメールのアドレスはページ上にでは非表示になります。)

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると
   より的確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-95.html
Copyright (C) 2008-2017 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.