CPUの負荷

【CPUの負荷】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「CPUの負荷」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
CPUの負荷 のカテゴリー




ページ案内

下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。作成した各ページの内容も新旧ともに定期的に、サービスを更新しています。



目立たない位置の冷却ファンに異物が詰まると動作が遅くなる?
最近のパソコン本体の内部には、CPUや電源ユニット以外にも用途によって、
グラフィックカード(GPU)をはじめ、熱した部品を冷やす冷却ファンが複数搭載されています。

それぞれの冷却装置のプロペラ部分は次第にホコリや小さなゴミが付着して詰まる状態になり、
これをずっとそのままにしておくと排熱の効果が下がってパソコンの動作が遅くなったり
エラーやフリーズが出やすくなるため、定期的に掃除して除去する必要があります。

しかし、その際には必ずすべての冷却ファンからホコリやゴミを取り除いて直す必要があり、
パーツの裏側など目立たない位置の冷却装置をうっかり見逃していると、
その一つにずっと異物が溜まり続けて、動作遅延や故障の原因になるおそれがあります。

冷却ファン

まず、パソコンケースの蓋を開いて横にした時に、狭い部分のパーツの裏側に
ちょうどプロペラと金網またはプラスチック網の面が目立たずに気付かないことがあります。

そうなると、他の冷却ファンは定期的に異物の除去ができていても、
そのパーツだけは何年も異物が付着し続けて詰まり、次第になぜかPC本体の動作に支障が出ても
いつまでも問題の原因が見つからずに困ってしまう、というケースもあります。

その際には、PCケースのカバーを開ける際に、複数のパーツが密集している箇所や
見えにくい部分に、冷却ファンがまだ装着されていないかどうかを確認されてみてください。

PCケースの清掃は、専門のパソコンサポート店でも代行作業を行ってもらえます。
CPUの負荷 | CPU
CPUやGPUの冷却ファンの稼働音が大きくなった時に元に戻すには?
パソコンのパーツの、コンピューターを制御する「CPU:Central Processing Unit
(中央演算処理装置:セントラル・プロセッシング・ユニット)や、
グラフィック画像の処理を施す「GPU:Graphics Processing Unit
(画像処理装置:グラフィックス・プロセッシング・ユニット)が、普段PCを動かしている時に、

突然、または次第に冷却ファンの稼働音がかなり大きくなって、フリーズや動作遅延が
多く発生するようになったら、元に戻すにはどうすればよい?という際の解消方法について。

CPUクーラー

まず、もし最近でグラフィック関連やインターネット関連のソフトウェアなど、
非常に高いパソコンのスペックが求められる動作環境を想定されたユーティリティーを
インストール・セットアップされていたら、そちらが原因である可能性が高いです。

CPUやGPU、メモリの容量を常時、非常に多く使用するグラフィック関連のソフトウェアは
起動してから5分以内にファン(冷却装置)のプロペラがブオー…、ブーン…
音が大きくなり始めて、15分くらい経ったらかなり稼働音が大きくなる場合があります。

ですが、その状態ですぐに故障が起こるわけではなく、しばらくは問題なく、
動作が少し遅れることがあるくらいで済みます。

CPUやGPUの性能とメモリ、HDDの容量が十分にあるそれなりに高いスペックの
パソコンであれば、ある程度、CPU付近や記憶ディスク、電源ユニットなどのパーツの
稼働音が大きくなっても、しばらくは大丈夫です。

ですが、かなり長い時間連続でそのまま稼働していると、次第に動作が遅くなったり、
エラーやフリーズが起こったり、パーツの摩耗が早くなることがありますので、
時々ソフトウェアの画面を閉じてパソコンを休めながら使われることもおすすめします。
CPUの負荷 | CPU
CPUの割り当てを指定して優先度を変更するには?
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンを日々お使いの際に、
最もよく使うユーティリティーの処理速度が遅くなっているため、
CPU(Central Processing Unit/中央演算処理装置)のリソースやコアの割り当て(優先順位)を
変更して修復するにはどうすればいい?という場合の操作方法について。

主なCPUの製品一覧

・Intel:CPU Core i7-8700K 3.7GHz 12Mキャッシュ 6コア/12スレッド LGA1151 BX80684I78700K
・AMD:CPU Ryzen7 1700 with WraithSpire 65W cooler AM4 YD1700BBAEBOX

リソースの設定変更


まず、Ctrlキー、Altキー、Deleteキーを同時に押して、タスクマネージャーを開きます。

現在稼働しているユーティリティーの一覧がプロセスのタブに表示されますので、
CPUの使用率を確認してから、次に「詳細」のタブに移ります。

CPUのリソース

その中から最も優先的に、CPUのリソース(resource)の割り当てをしたい項目の名称を選択します。

右クリックをして、「優先度の設定」を選択します。

「通常」「通常以上」「高」「リアルタイム」といった優先段階の項目が表示されます。

お好きな状態を選ぶと、「優先度の変更」とバルーンが表示されますので、
そちらを選択すると、優先的にCPUのリソースの割り当てが行われるようになります。

また、性能の高いCPUへの交換作業は、専門のPC修理サポートセンターの方でも、
プラントして受け付けてもらえる店舗が多いです。
CPUの負荷 | PCパーツ
PCのファンから異音が鳴り出した時に修理するには?
パソコンの中にはCPUクーラーや電源ユニットなどのいくつかの部品の箇所に
「ファン」(FAN)という、パーツの過熱防止のための冷却をするプロペラがあります。

このファンの羽部分とその周辺は、PC本体を購入した段階ではきれいに
手入れされているのですが、自宅や自社内で長く使っていくうちに
通気口や隙間から入った埃や小さなごみが次第に溜まってきます。

冷却ファン

買ってから一年経つだけでもホコリを中心にプロペラ部分に汚れが溜まりやすく、特に通気口が
大きく隙間の多いデスクトップパソコンはケースの中に小さな異物が入りやすくなります。

埃が溜まると冷却の効率が下がり部品が発熱しやすくなり故障の原因にもなりかねず、
稀に異音が鳴り出す事もあるため、CPUファンや電源ファンの手入れを定期的に行う必要があります。
CPUの負荷 |
CPUクーラー交換時の取り付け方と外し方の注意点とは?
CPUクーラー(CPUファン)とは、コンピューターのCPU(中央演算処理装置)の部品が
電源起動中に高熱になって熱暴走を引き起こしてしまうのを防ぐための冷却装置です。

この写真のようにCPUをぴったりと貼り付けて、マザーボードとCPUクーラーの二つに
挟み込む形でパソコンに設置します。

CPUクーラー

パソコンを分解して再構築したり、CPUの部品を新品に交換する際には、
まずドライバーでパソコンカバーの蓋を空けて、マザーボードから同じくドライバーで
CPUとCPUクーラーを正しい取り外し方、取り付け方に沿って換装していきます。

4箇所の螺子ピンで止めて装置を固定させる「クリップ式」の製品を使う時は
そのままマザーボードの取り付け部分の上から螺子で止めるだけですぐ交換できます。

マザーボードの裏側にリテンションベースを取り付けて固定させるリテンション式
大型クーラーの場合は一度、マザーボードをPCケースから取り外ししなければならないので、
他の電源ユニットやHDD等のパーツと接続してあるコードも全部一旦取り外します。

グラフィックカードやUSB3.0インターフェースカードなどが取り外しの時に
マザーボードやCPUクーラーにつっかえてしまう時は
それらも一旦取り外ししなければならないので、少し長い作業になりがちです。

どの位置に何のコードや螺子が付いているか、分解する前にしっかりとメモを付けましょう。
CPUの負荷 |
CPUファンが故障して回転が止まると障害が起きる?
CPUファンとは、パソコン等の動作処理を制御する基本処理装置『CPU』
(読み:シーピーユー/Central Processing Unit/セントラルプロセッシングユニット)
の冷却を行うために取り付けられている、扇風機タイプの小型装置で、CPUクーラーとも呼びます。

コンピューターを起動している最中、マザーボードに接続されて常時稼動しているCPUは
全ての部品の中でも非常に高温になり、半導体素子にあまりに熱が溜まると誤作動や
処理の暴走が起きる場合があるため、プロペラ羽の回転で熱を常に冷ましていく必要があります。

パソコンを起動している間はこのクーラーの回転音がj少し聴こえてきます。

ですがファンの接続が何かの衝撃で外れてしまったり、組み立て時に
マザーボードとCPUソケット部分への取り付けがちゃんと出来ていなかった場合は
回転音が鳴らずに止まってしまう場合があります。

また、クーラーの部品に物理的な破損や回路の不具合ガ起きていたり、
羽にホコリやごみが大量に付着してくると冷却が十分にできないこともあります。

パソコン本体は長い事使っていくと、外側ケースの隙間の鉄網部分あたりから
次第に埃が溜まっていきますので、時々は拭き取り通気性を直す事も大切です。

CPUファン(クーラー)が正常に動いていないとコンピューターを起動させてから
あっという間に大事な中央演算処理装置に高熱が蓄積していきます。

そうなると、急にシステムが遅くなったりソフトウェアの動作が停止する、
重い障害だとパソコンの電源を付けてから5分以内に強制的にダウンして止まることもあります。
CPUの負荷 |
CPU使用率が100%使われると動作速度が遅くなる?
パソコンの動作処理速度がとても遅くなってしまう事が頻繁に起きる場合、
CPU(シーピーユー)の使用率がほとんど使われていて100%になりやすい状態と、
パソコンの性能限界辺りまで使っているのが原因である可能性があります。

インターネットのウェブブラウザを開くのに時間がかかったり、アプリケーションソフトウェアで
作成したファイルを開いたり保存するのにかなり時間がかかる場合などがありますね。

CPUの使用率を確認するには、まずデスクトップ画面下のタスク部分を⇒クリックして
Windowsタスクマネージャを開き、パフォーマンスのタブを選ぶとCPUとPFの使用率が表示されます。

パソコンが重くなっている時、CPU使用率の数値が100%辺りになっていると、処理能力を
いっぱいまで使っているため動作遅延やフリーズ、ループエラーのトラブルになるおそれがあります。

CPUの使用率を下げるにはまず第一に、より性能の高い規格に
パーツ交換をしてスペックを上げるのが確実的です。

しかしマザーボードなど他の部品のスペックが低かったりメモリの容量が低いと高い性能の
CPUと相性が合わず、十分に効果が発揮されないない事もありますのでお気をつけください。
CPUの負荷 |
CPUの温度上昇による発熱を原因とする機能障害の修復方法は?
パソコン本体のマザーボードに取り付けられている中央演算処理装置
すらわちCPU(CentralProcessingUnit-セントラルプロセッシングユニット)は
PC稼動中には非常に高く発熱し、特に使用率が高い程その熱上昇も上がります。

そのためマザーボードにはCPU(シーピーユー)の真上にファン(CPUクーラー)が、
内部の高熱な空気を放出して温度を整えるために設置されています。

しかし交換の時に正常にファンが取り付けられていなかったり、埃やごみが溜まって
熱した空気の入れ替えがしっかり出来ていないとたちまち熱暴走でパソコンに
エラーやシャットダウン、ショートなどの異常が発生しますのでご注意下さい。
CPUの負荷 |
CPUを性能の良い規格に交換するには?
パソコンが重くなってきたと感じた時、マザーボードに搭載されている
CPUの使用率が100%になっていたりしていないでしょうか?

CPU

中央演算処理装置の使い具合


タスクマネージャを起動してみると、どこかのプロセスがCPUの大部分を
使用しているために読み込みが遅くなってしまう事がよくあります。

そのプログラムや常駐ソフトウェアのツールを削減する事でいくらか改善ができるのですが、
それでも遅いようでしたら、より性能の高いCPUに交換をされてみる事をお薦めできます。

CentralProcessingUnit (セントラルプロセッシングユニット)はパソコンの基盤である
マザーボードに配置されている中央演算処理装置で、取り外して別の規格に換装する事が可能です。

交換の際にはまずパソコンのケースを開いてマザーボードに取り付けられている
CPUファン(冷却装置)を外し、その下部に設置されているCPUを取り外して
別の製品に換装する事で完了します。
CPUの負荷 |

URL:https://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-category-24.html
Copyright (C) 2008-2019 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.