パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【本体ケース・カバー掃除】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障やOSの破損によるアクシデントの解消方法や
お役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコンの起動中やデスクトップ画面での操作中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材やパーツなど、ハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
こちらは「本体ケース・カバー掃除」のカテゴリーに分類した、見出しの一覧ページです。
本体ケース・カバー掃除 のカテゴリー




ページ案内

下記にて各エントリーページの見出しを記載しています。

各項目の見出し文章の下部にある「続きを読む」のリンクから
コンテンツの本文・追記にあたるエントリーページに入れます。作成した各ページの内容も新旧ともに定期的に、サービスを更新しています。



ノートパソコンの海外への持ち運び時の安全管理とは?
海外(国外の地域)に仕事上での出張、知人に会う、といった用事で渡航する際に、
滞在先の現地でインターネットの閲覧やデスクワークをするためにノートパソコンを持ち運ぶ時、
安全管理のためにどういう事に気をつければいい?という疑問について。

まず、運ぶ際に受けやすい外部からの衝撃から守るための要点について解説します。

基本的にはノートパソコン本体を衝撃吸収の素材で作られている
市販のカバーケースに正しく固定して入れて持ち運べば大丈夫です。

保護用のケースは「ビジネスバッグ」などの持ち運びが簡単なものなら便利です。

電源を入れたまま位置を動かすと強制終了やパワーダウン、HDD故障のおそれが出てきますので、
電車内や船内で座っている時などを除いては移動中にパソコンを起動するのはなるべく控えましょう。

車や船、飛行機が激しく揺れている間は安全管理上のために一旦スリープにして
蓋を閉じておく事もおすすめします。


飛行機の搭乗前


国際空港のチェックインカウンター前に到着するまでの間は、
電車やバスの中で使わなければ自宅からノートパソコンケースごと
キャリーバッグの中に固定して入れて運ぶと、手荷物がまとまって移動も簡単になります。

そしてチェックインしてキャリーバッグの荷物を預ける前に近くの席などのスペースで
ノートパソコンの入った鞄を出してから荷物を預ける、という手順でいけばスムーズになります。

ノートPCのバッグは機内に持ち運ぶ手荷物としてなら追加料金もかからず、
他のショルダーバッグやウエストポーチ等とともに飛行機内に持ち運べます。

手荷物検査の時には必ずカバーケースから一度取り出して、かごに乗せましょう。
(iPadやスマートフォンなど他のコンピューターも同じく一度鞄から取り出しましょう。)

エアポート内での手荷物検査を通過したらまた鞄の中にしまい直します。

ただビジネスバッグのケースが分厚すぎたり大きすぎたりすると
追加料金が別に掛かってしまう場合もあります。

ノートパソコン本体とマウス、USBメモリ、拡張カードなどの最低限の機器のみ
ケースに入れて、残りの周辺機器はキャリーバッグの方に入れるようにしましょう。

逆にスーツケースの方が重量制限ギリギリになると帰りに荷物の管理が厳しくなりやすいので、
ある程度は荷物を出発前によく整理して重量や鞄の空きスペースに
余裕を持たせておかれた方が無難です。

飛行機内で特にパソコンを使わなければ、座席の上の収納スペースに
しまっておけば座席でのスペースにも余裕ができます。
本体ケース・カバー掃除 |
パソコンに耐震ジェルマットを貼って補強する対策とは?
ある日、急に強い地震が起こると、その振動によりタワー型のデスクトップパソコンが
置き場から倒れてしまい、故障の原因に繋がる恐れがあります。

デスク上でたまたまモニターや壁、柱などに引っかかって少しケースが傾いただけなら
まだ運よく内部パーツへのダメージが無くて済むかもしれません。

しかし、おもいきりデスク上の硬い平面に倒れて強打したり、下の床に落っこちて
内部の部品に非常に強い衝撃を受けたり、電源コードが引っ張られてプラグやコネクタが壊れたり、
ケーブルの線が切れたりしたら大変です。

また、パソコンの起動中に大きな揺れや衝撃を受けると振動に弱い構造の
内蔵ハードディスクドライブが物理的に故障してしまう危険もあります。

ノートパソコンも同様で、地震で部屋が横に揺れて机からずり落ちて落下したり、
他の物に挟まって圧迫されて壊れてしまうおそれなどもあります。

これらの破損トラブルの危険をできる限りを防ぐために、
なるべくパソコン機器にも耐震補強の措置を行われることをおすすめします。
本体ケース・カバー掃除 |
パソコンケースが割れて壊れた時の解決方法は?
『パソコンケース』とはハードディスクドライブやマザーボード、電源ユニット、
内蔵DVDドライブ装置、グラフィックカード、USB3.0インターフェース、メモリ、CPU
といった部品をコンパクトに収納して外部からの衝撃や異物から保護するパーツです。

PCケース

電子部品と違いあくまで「カバーケース」の箱なので、電源ボタンの部分以外は
コンピューターを動かすための回路と直接繋がっているわけではなく、だPCの電源を入れて
動かすだけなら蓋を開けていたり一部のパーツを外部に出したまま繋げた状態でも起動できます。

例えばもしもデスクトップパソコン本体の配置をずらしたり、故障の修理や引越し、
譲渡などのために郵送に出したり、ノートパソコンを仕事などで外に持ち歩いている最中に、
うっかり硬い床に落としてしまったり角にぶつけて、ケースの一部が割れたとします。

螺子が外れたり、一部分にヒビが入ったり、ランプが割れてしまったりしたとしても、
内部のパーツまで破損してなくて各接続コードが外れたり切れたりしていなければ、
コンピューターそのものとしては問題なく動かせます。
本体ケース・カバー掃除 |
パソコンケース内側に付くホコリや汚れを掃除するには?
家庭用・企業用製品を問わずどこでも使われているパーソナルコンピューター、
特にデスクトップパソコンは、大体はよく机やパソコンラックの上に
そこまま本体が置かれている配置である事が多いかと思われます。

ノートパソコンのように使わない時はケースに閉まっていたり
カバーや布をかけておく、となると使うたびに出さなければならなくなるし
あまりデスクトップ本体を何度も持ち運びして動かす傷みやすくもなります。

なので普段はやはり、液晶ディスプレイの横側や後ろ側、または机の横や
裏側あたりの配置しやすい位置に置いておかれるのが良いでしょう。

しかしデスクトップ型PCのパソコンケースには空気を排出して内部の温度の
調節を促すための金網や隙間といった穴が多く開けられています。

そして、隙間の多いカバーであるほど、部屋に漂っているホコリや小さなゴミ、
または虫や湿気といった異物が侵入しやすくなります。

パソコン内部の掃除作業といえばまずは冷却ファン(クーラー)のプロペラに大量に付着した
ほこりや汚れを綿棒や清潔な布、または専用のクリーニング製品を
使って落としていく事がメインになります。
本体ケース・カバー掃除 |
パソコン内部に溜まる埃のクリーニング作業とは?
デスクトップパソコンやキーボード、液晶ディスプレイ、プリンター、
またそれらの機材を配置しているテーブルやパソコンラックは、
置いておくだけで次第に埃や小さいごみがどんどん溜まって積もっていきます。

時々、雑巾がけなどできれいに掃除してホコリを拭き取っていくことが大事です。

しかし外側だけでなく、PCの本体ケースの内側(特にデスクトップ機)にも
カバーの通気口や小さな隙間から、徐々に埃が侵入して溜まっていきます。

ケースの金網部分にたくさんのホコリが付着していると廃熱が悪くなるため
掃除の際にはこれを拭き取ることが重要です。

ですがパソコンを購入してから1年も経つ頃には、ケースの中にあるCPUや電源ユニット、
マザーボードに付いている冷却ファンの羽とその周囲にも、多量の埃が付着しています。

PCの動作遅延はレジストリの肥大化やHDD、メモリ容量の不足だけでなく、
熱の排気が悪くなりCPUなどの部品が熱を持ちやすくなる事でも起こります。

そのまま放っておくと、読み込みのスピードが遅くなるだけでなく
熱暴走による部品の傷みや劣化、ショートによる破損の原因にもなりえます。

OSを再インストールしてもいまだに動作が遅いままで非常に使いづらい、
という場合もありますので、やたら操作が重くなったと感じ始めた時には、
一度ねじを外してカバーを空けて、パソコンの中身を見てみましょう。
本体ケース・カバー掃除 |
パソコンラック購入時の選び方と配置の方法とは?
よく聞く、【パソコンラック】って何?というご質問について。

パソコンラックとはPCや付属のキーボード、マウス、スピーカー、モニタなどの
コンピューター機器を配置して収納するための専用机・棚の事です。

デスクトップ用の大型かつ、木製の日曜大工で組み立てできるパソコンラックから
ノートパソコン収納用の小型のものまで様々な形が販売されています。

PCラックの種類は、卓上、平机、座卓、縦型などです。

パソコンラックがあると各接続機器を効率よく、そして使いやすく配置できますので大変便利です。

ただ、部屋の広さや空きスペース、機材の多さや用途によって向き、不向きがありますので
パソコンラック購入の前には室内の配置や椅子の座高などそれぞれの寸法を測ってから
購入をされた方が後々良いでしょう。
本体ケース・カバー掃除 |
デスクトップパソコン本体の持ち運び用カバー箱は購入後も必要?
PCショップや通信販売でデスクトップパソコン本体を購入した時、
郵送・持ち帰りともに、マシンを収納する大きな箱が付いてきます。

トラックや手持ちでの輸送中に振動でかかる衝撃を防ぐために、
箱の中には発泡スチロールなどの衝撃吸収の素材が同梱されています。

工場や店舗から出荷された時に包装しているこのダンボール箱は、
購入後も捨てずに必ず取っておきましょう。

お引越しをされる場合や、本体が故障したため修理に出す必要が出た時、外部へ郵送する
際にはこの箱に初めて開いた時と同じ状態に収納して発送する事が一番安全な移動方法です。
本体ケース・カバー掃除 |
パソコン機材一式の手入れと清掃を行うには?
OA機器を配置してある専用デスク上とその周辺には、
長く使うにつれて次第にごみや汚れ・埃などの異物が溜まっていきます。

そのまま放置しておくと衛生上に良くないだけでなく、ホコリの蓄積でパソコン内部の廃熱が
悪くなったり、内部の精密機器に小さなごみや虫の死骸などが付着して
コンピュータを破壊してしまうおそれもあります。

1~3ヶ月に一度はデスクの周辺や機材の清掃を行って全体的なお手入れをしておきましょう。


各種機器の掃除方法


パソコン機材一式の掃除は、ただゴミ落としや空拭きをするだけでなく、
専用のクリーニング用具を購入して使われるとなお良いです。

液晶ディスプレイ(モニター画面)を綺麗にするには
ELECOM:液晶用ウェットクリーニングティッシュ(OAティッシュ)を使用、
キーボードのボタン下部分のごみを取るにはエアダスター、
拭き掃除にはオフィスクリーナー・OAクリーナーなどの専用の洗剤、
といった用品を使用されるのが最適です。
本体ケース・カバー掃除 |
ノートパソコンを掃除する時の注意点は?
ノートパソコンは普段使わない時には、蓋を閉じて収納します。

常にキーボードとモニタがむき出しの状態な事が多いデスクトップPCと違い、
内側は汚れにくい構造になっています。

しかしそれでも長期間使っていくうちに次第に埃や手の脂、
小さなごみ等が蓄積してだんだん汚れが溜まっていきます。

また、外部に持ち歩いて乗り物での移動中に使う機会が多いと
その分、表面に汚れが付きやすくなる面もあります。

なので、定期的にノートパソコンのケースの外側部分や
内側のモニタやキーボードの掃除を行っていきましょう。

まず最初、できればバッテリーを抜いてから掃除をする方が安全です。

パソコンケースの外側や淵の部分は軽く雑巾やキッチンペーパーで拭くくらいでも大丈夫です。

水分が中に入らないようによく水を絞るか乾拭きで掃除をして、念のため湿気には注意していきましょう。

キーボードはまず上下逆にひっくり返して軽くごみを落として、
次に面貌などでキーの隙間の汚れを一つずつ丁寧に抜き取ります。
本体ケース・カバー掃除 |

URL:https://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-category-29.html
Copyright (C) 2008-2019 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.