パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【パソコンが壊れた時の症状の判別方法とは?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
パソコンが壊れた時の症状の判別方法とは?
パソコンに何かの原因で異常が起こって壊れた時、システムや部品のどの箇所に
故障が起こっているか、あまりPCに詳しくなければわかりづらいこともよくあります。

そこでどのように症状を見ていけば原因を発見しやすくなるか、
ある程度のチェックの仕方について簡単に解説していきます。

まず、コンピューター全体のどの部分が動かなくなっているかを一個ずつ操作して再確認します。

PCケース、ハードディスク、メモリ、CPU、マザーボード、電源ユニット、キーボード、マウス、モニタ
といった部分のうちのほとんどは、PC本体から取り外しの利く周辺機器やパーツで構成されています。

どこに問題があるかは電源ランプの光り具合やエラー音、またはディスプレイ上の
メッセージバルーンの表示やデバイスマネージャの画面からある程度まで判別可能です。

しかし起動自体ができず、全く電源も反応しないような
わかりづらい状態の場合、中身の部品に問題があることが多いです。

そこで予備のHDDやメモリなどの代わりのパーツを持っていたら、故障の思い当たる順に
一個ずつ交換を行いながら起動とシャットダウンを繰り返して、壊れた個所を探してみましょう。

また、パソコン本体を持ち上げて移動させる時にケースの中から、外れた部品が
転がるような音が聞こえると、メモリやCPUファンの留め具が外れたり割れていてパーツが
破損しているおそれがあるので、すぐにケースを開いて確認してください。

ノートパソコンの場合はモニタやキーボードが一体化しているため、
デスクトップパソコンより少し原因の発見や修理交換が難しくなる可能性もあります。

『ノートパソコンが壊れた場合の症状』

・キーボードの入力を受け付けない。
・起動してから数分以内に電源が落ちてしまう。
・デスクトップ画面に行くまでに何度もループする。
・セーフモードを使っても開かない。
・電源ボタンを押してもBIOS画面が出てこない。
・HDDのあたりから異音が聞こえた。

ディスプレイ画面(モニタ)の表示が急におかしくなってしまった時、
ドット抜けや縦線が出ている場合はモニタに故障が出ていることが多いです。

しかしずっと画面が真っ黒で何も映らない状態だと別のパーツが壊れていて
コンピューターが作動していないために、何も出てこない可能性も高いです。

逆にWindows のOSでブルースクリーン画面(ブルーバック)のような特殊な表示が稀に出た時は、
モニタ自体には異常がなく、オペレーティングシステムや内部パーツの方に障害が出ています。

ブルースクリーンの青い画面が表示されてオぺレーティングシステムが
動かないような場合、故障の中でも特に深刻な状態の一つです。

すぐに起動を中止して、それ以上無理に動かさないようご注意ください。

ご自身でどうしても壊れた原因がわからず直せない、という時は
専門のパソコンの修理センターに出して診てもらってください。







PCの故障・エラー診断 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的にアドバイスやサービスを提示できます。






URL:https://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
Copyright (C) 2008-2018 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.