パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【メモリースティックのデータ復旧を行うには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
メモリースティックのデータ復旧を行うには?
メモリースティックとは、ソニー株式会社(SONY CORPORATION)より
開発・販売されています補助記憶装置です。

デジタルカメラや携帯電話、デジタルオーディオプレイヤーといった
携帯機器のバックアップ、データの移行などで導入されている
メモリーカードで、現在までに以下のような様々な種類が登場しています。

メモリースティック(Memory Stick)には、メモリースティックDuo、メモリースティックPRO、
メモリースティックPRO-HG、メモリースティックXC、マジックゲートメモリースティックデュオ、
メモリースティック マイクロ、メモリースティック-ROM、など、複数の規格が登場しています。

容量はそれぞれ128MB、256MB、1GB、2GB、4GB、32GBといった規格があります。

これらに保管していた画像ファイルやセーブデータを誤って削除してしまったり
カードをフォーマット(初期化)してしまった、または強い衝撃で壊してしまった、
という場合にはどうすれば復旧させられる?という疑問について。

まず、ソニーにて提供されていますデータ復旧ツール
【メモリースティック・ファイルレスキュー】がオススメです。

AIBOや電子辞書・e-Bookリーダー・PSP専用のメモリースティックにある特殊なデータなどは
一部対象外なのですが、適応できるカードにある
ファイルをスキャンして痕跡から復元することが可能です。

また、Sony Japanでも実施されています【メモリースティック データ復旧サービス】にて、
1枚につき7000円で完全成功報酬型の復元サポートもあります。

メモステのカード自体にさびや汚れが付いたり、規格が割れたりヒビが入る、といった
物理的な損傷が起きて読み込みができなくなった時にはそのままではUSBコネクタや
パソコン環境からの認識とファイルの展開が完全に実行できなくなってしまいます。

その際には、専門のデータ復旧サービスセンターの店舗に持って行って状態を診てもらい、
中身のデータ記憶部分を読み出して取り出し作業を行ってもらうのが唯一の対処方法になります。







外部接続周辺機器 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的にアドバイスやサービスを提示できます。






URL:https://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-349.html
Copyright (C) 2008-2018 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.