パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【パソコンの付属品を廃棄処分する時の注意点は?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
パソコンの付属品を廃棄処分する時の注意点は?
デスクトップパソコンの本体一式を一台買うと、
コンピューター製品によくある様々な付属品が付いてきます。

主な付属品には、キーボード、マウス、スピーカー、OS起動ディスク、マザーボードのDisc、
取扱説明書、止め具、電源コード、予備のケーブル、ACアダプター、保証書などがあります。

このうち、前に買ったパソコン本体と同じ物が入っていていくつも増えてくると、
中には必要の無くなる物も出てくる事があります。

しかし付属品を廃棄処分する前には念のため、本当にの先必要がない物かどうか、
他の電化製品と同じく再確認をされてみる事を推奨します。

後でまた使う機会がある場合


例えば取扱説明書は同じメーカー製でよく似た製品でも、パソコン本体によって若干違う事もあります。

うっかり長期保証書を貼り付けたまま気づかずに一緒に処分してしまうことがないように注意してください。

オペレーティングシステムが入っている起動ディスクはパソコン一台分のみしか使用できないので、
本体を処分するまでは捨てずに必ず取っておきましょう。

キーボードやマウス、スピーカーを2個ずつしかお持ちでない時は、
もしも片方が故障した時のために予備の分として取っておかれた方が良いでしょう。

付属でたくさん入っているその他のディスクは、購入した時点ではすでにOSの中に
インストールされていてそれ自体はすぐに使わないこともあります。

しかし今後、OSの再インストールによる初期化をして直す機会が出てきた場合、
マザーボードのデバイスドライバなどのソフトウェアが必ず必要になるので、
そちらもしっかりと取っておいてください。

段ボール箱や発泡スチロールはもし置き場に困ってしまった時は
リサイクル(廃品回収)の日に処分しても大丈夫です。

ですがもしパソコンが壊れた時、メーカー先のカスタマーサポートや私設の
PC修理サービスに出して直してもらう時に宅配便による郵送で送る場合に必要になるので、
なるべくなら箱も捨てずに一緒に取っておいた方が安心です。







セキュリティ保護 |
コメント
コメントを投稿する
コメント*
パスワード 

※:トラブルのご相談のコメントをお書き込みいただける際には、状態をできるだけ詳しく記入いただけると、より的確かつ具体的にアドバイスやサービスを提示できます。






URL:https://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-63.html
Copyright (C) 2008-2018 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.