パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法

【パソコンの操作で動きが鈍くなる問題を解決するには?】のページです。PCをはじめコンピューター製品の故障・エラーなどによる問題の
解消方法やお役立ちの修理サービスを掲載しています。またパソコン操作中や電源の起動中に起こりうるシステムエラーの解決策、
OSトラブルを直す手順、各種機材・パーツなどのハードウェア製品を購入したり交換する技術など様々な知識を紹介しています。
パソコンの操作で動きが鈍くなる問題を解決するには?
パソコンで容量の重いアプリケーションソフトをインストール・セットアップして
起動して操作している際に、マウスやキーボード、タブレットなどでの入力や、
画面の映像などの動きが鈍くなって遅くなる状態が多くなってきた場合には、
どのように処置を行えば問題を解決できる?という疑問について。

パフォーマンス

まず、拡張ボードの内部パーツ「ビデオカード」(Video card、グラフィックカード)が
お使いのパソコンに搭載されているかどうかをご確認ください。

画像・映像を取り扱うユーティリティーの場合にはスムーズに閲覧するために、
3D表示やマルチディスプレイの活用などでグラフィックカードの内蔵が重要になります。

もしビデオカードがパソコンに搭載されていない時には、新しく購入してマザーボードに
増設する必要が出てきます。

次に、CPUやメモリ、マザーボード、ハードディスクまたはSSDの空き容量、OSのバージョン等が、
そのアプリケーションソフトの動作環境に満たされているかどうかを、
取扱説明書やパッケージの表記を見て、ご確認ください。

動作環境の基準に満たないパーツのがあった場合は、高いスペックの部品に交換したり、
メモリを増設して調節する必要も出てきます。

部品の換装作業は、専門業者のPC修理サポート店で代行してもらうこともできます。

使用する領域の調節機能


スペックがギリギリくらいである場合や、充分に余裕がないために操作の動きが鈍くなる場合には、
ユーティリティーによっては、CPUの使用の割合を調節できる機能や、
特定のエフェクトをオン・オフに切り換えできる機能があります。

Windowsのパソコンでは、「Ctrlキー+_Altキー+Delキー」でタスクマネージャーの画面を開いて、
「プロセス」や「パフォーマンス」のタブから、どのプログラムがどれくらいCPUやメモリ、ディスクの
ソフトウェアの設定変更の場面を開いて、負荷がかかり過ぎて動きが鈍くならないように調節します。

また、長時間連続で使用量の大きいアプリケーションソフトを使用している場合には、
時々ウィンドウを閉じて、再度起動するようにしてみると、負担も下がります。

特に、パソコンのCPUクーラーや電源ユニットのプロペラなどの回転音が普段より大きくなって
熱も帯びる場合には、一定時間ごとに機器を休ませて、また、排気口やプロペラに付いたゴミや埃を
除去して通気性をよくしたり、ルーム内が暑い時には換気したりをエアコンを付けて冷やします。

大容量のアプリケーションを何度もインストールしたりアンインストールしたりを繰り返した後は、
パソコンの「レジストリ」が肥大化してマウスカーソルやキーボードの動作が鈍くなることがあり、
その際には、ディスククリーンアップやレジストリクリーナーを使って整理を行います。

レジストリクリーナー

もしコンピューターの熱が溜まりすぎてCPUが熱暴走をして壊れてしまったり、
メモリがやマザーボードが破損してしまった時には、それ以上の電源の起動は控えて、
パーツの交換を行う必要があります。

パーツの配置が複雑で、また蓋を開きにくいパソコン本体をお使いの場合には、
プロのパソコン修理サービスセンターに問い合わせて、換装作業を依頼されてみることもおすすめします。







動作環境のチェック | 問題と解決

 ※ご質問、訂正箇所、新規掲載のご要望等は、トップページの概要事項の項目にあります、
 メッセージの投稿フォームにて幅広く受け付けています。







URL:https://pasokonpcsyuuri.blog.fc2.com/blog-entry-676.html
Copyright (C) 2008-2018 パソコン故障の修理とPC起動エラートラブル解決方法, All rights reserved.